オンライン依存性症候群

洋楽(以前は全般、次いでSmooth Jazz、最近はCafé Del Mar)とアニメが好きな人が、ネットレーベルの運営と音楽活動をしながらネットレーベルを旅していました。今はネットレーベルの運営を継続しつつアニメを観て、ここにその記録を書き記しています。

休日の視了 2日目 午前の部

  • アマガミSS : 第24話 「絢辻詞編 最終章 ヤクソク」
    • 詞の様子が変わったことを純一が心配する中、創設祭は当日を迎える。賑やかな雰囲気の一方で、純一はもやもやした気持ちでいる。
    • 梅原が放火…ではなくて、小学校の時にもらったラブレターを燃やそうとしている。純一は梅原から、情けないと思っているなら公開する前に行動すべき、とアドバイスを受ける。
    • 詞はサンタの姿でプレゼントを配る。大人気だったけど、子供には受け取ってもらえなかったこともあったり。
    • 創設祭が終わって打ち上げへ。純一は詞に、好きだと告白する。詞と創設祭の仕事をして、クリスマスの苦手意識が消えたくらい楽しかった。意地っ張りな詞も、猫をかぶっていた詞も好き。
    • 詞は純一に掴みかかる。純一に言われて、それまでの自分を消えたことにしていたのに。そして泣く。
    • サンタがいないということを知って、詞はサンタになると決めた。サンタみたいなことはできると考えて、創設祭の実行委員になった。
    • 唇を重ねる二人。詞も純一に、好きと言う。契約じゃなくて約束。クリスマスツリーの照明を点け、二人きりでそれを眺める。
    • 10年後。純一と詞は、彼らの子と三人で創設祭を訪れる。
  • それでも町は廻っている : 十一番地 「紺先輩号泣の夏」
    • 夏。海。テンション高い歩鳥。走って転ぶ。浮き輪に穴。雨。買ったばかりの水着を波にさらわれる。カレー終わった。
    • ジョセフィーヌの夏
      • ビンボウくん
      • scene.1 嵐山歩の朝
        • 早朝の商店街。歩以外の時間が→真田勇司。とても静か→新聞が顔にかかる。歩以外の時間が→菊池貴則。ジョギング中の女性→おばちゃん。自販機でコーヒーを買う→出てこないし、100円も戻ってこない。
        • 新聞が歩の顔にかかる。歩鳥が歯磨きしながら新聞とりに出たら、風で新聞飛ばされた。
      • ビンボウくん
      • scene.2 嵐山歩鳥の朝
        • 幸せそうなジョセフィーヌをからかっていたので、早起きしたのに遅刻。数学補習。
        • 追試で点が下がる。勘で書いてるから。探偵と数学は似ている。風が吹けば桶屋も儲かる。探偵とは数学である。やる気が出てきた。事件は迷宮入り。
      • ビンボウくん
      • scene.3 ジョセフィーヌ
        • 歩鳥はジョセフィーヌの散歩へ。双葉と春江と会う。アホ鳥と双バカ。ジョセフィーヌを見て、双葉笑う。狸が狸の散歩してる。春江にも笑われる。
        • 狸だったことがわかったジョセフィーヌが山に帰る夢を見た歩鳥。ジョセフィーヌの小屋に行くと、いない。家の中にいた。台風の中、歩鳥は宝塚ごっこをしていると思われる。
      • ビンボウくん
      • ビンボウくん
    • 紺先輩の静かな怒り
      • シャワーを浴びてさっぱりした歩鳥。
      • 双葉が帰ってくると、部屋が涼しい。靴がもう一足。ベッドで歩鳥が寝ている。
      • クーラーの設定温度が勝手に3度下げられている。冷蔵庫のペットボトルが勝手に開封されている。しかも冷蔵庫に戻してない。無意味にふくらませた浮き輪。そしてこの顔。ネコが締め出し状態。双葉はエアコン止めてカーテン開けて窓を開ける。
      • その頃、歩鳥は……。ポンポン山の王様になって、松明の火で焼かれる夢を見ていた。
      • ハゲのヒゲ→真田勇司。
      • 砂糖を入れようと歩鳥がしつこいので、双葉は怖い目をする。
      • 歌詞を作る。「かもめはいいよ / からすはやだな / by 港のジョニー」。かなりだめ。
      • ビンボウくん
      • 歩鳥が休みの中、たっつんはシーサイドで広章を待つ。彼を海に誘おうとする。
      • 歩鳥が(双葉と)二人きりで海に行ったことを聞き、敗北感を覚える広章。
      • 海に行かない?→海にイカって泳いでるよね?
      • 広章の心の涙で空が曇り、たっつんの思いで海が荒れ狂う。
  • FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 : 第十一話 「訣別」
    • 瑛里華は吸血衝動にも耐えることができたと思っていたものの、孝平に近づくと再び衝動に襲われる。その時、孝平の血を吸ったことを思い出す。輸血パックでも満足できなくなっている。
    • 後夜祭の企画担当になった孝平は、仕事に追われる時間を過ごす。瑛里華と会わないようにされているようにも見える。
    • 血の渇きに苦しむ瑛里華の前に桐葉が現れて、伽耶からの伝言を伝える。それでも瑛里華は、眷族を作ることを拒む。孝平を眷族にしてしまったら何を望むか、彼女は自分の心に潜む闇が怖い。
    • かなでが照る照る坊主でお手玉しているのを見て、孝平は後夜祭のアイデアを思いつく。幸せの落下傘。
    • 孝平が生徒会室を後にしたところで、隠れていた瑛里華が出てくる。孝平のことを思うだけで、血の渇きを覚えるようになっていた。
    • 白は、孝平の代わりに自分が眷属になると言う。千堂家が眷族を必要とするのなら、それに仕える東儀家として。
    • 瑛里華は桐葉の前に現れ、決意を伝える。
  • とある魔術の禁書目録II : #11 「刺突抗剣(スタブソード)」
    • 美鈴の持って来たお弁当は、チーズフォンデュ。育って欲しいところに栄養を。美鈴の胸見てデレる刀夜さん。
    • 「いっぱい食べたら大きく」。インデックスは当麻に噛み付こうとして、キスになってしまったのを思い出して、やめる。
    • オリアナは、リドヴィアと通信しながら学園都市を歩く。
    • 昼食の後にも食べ飲みしようとするインデックス。
    • 美琴の後から、黒子が車椅子で爆走してくる。美琴は当麻の応援に行こうとしていたらしいが。
    • インデックスが太っているかどうか、メジャーじゃなくて当麻が測らされる。インデックスの「おめでた」を確かめているように見える。
    • 美琴は当麻を殴る。飛ばされた当麻がインデックスのスカートを手にしているということは。当麻「不幸だー!」
    • ステイルとシェリーの通話。オルソラは図書館の中でマフィンを食べている。
    • 電話を終えて、ステイルがタバコを吸おうとすると、小萌に注意される。学園都市の路上は終日禁煙。それでもステイルは吸う。
    • 小萌を見かけた秋沙は、当麻と会い、彼の手を引く。手をつないでいることを当麻に言われて、秋沙は顔を赤らめる。
    • 当麻は、小萌がステイルにあしらわれているのを見る。あれは止めなくていいや。
    • 元春から当麻に電話。第五学区の地下鉄の西部山駅でオリアナを発見した。当麻はステイルとともに駅に向かい、小萌の方は秋沙に任せる。がしっ。
    • 車内にて。ステイルは当麻に、ペテロの十字架に関するデータを転送する。イタリア語らしいので当麻は読めない。
    • 駅に着くと、元春は渋滞で立ち往生したバスの中。そこから魔術でオリアナを探索する。そしてオリアナは、それに気づく。
    • 当麻たちが去った後の秋沙と小萌。秋沙は当麻のことが気になっている。小萌は秋沙に、当麻をナイトパレードに誘ってみたらと言う。誘わないったら絶対誘わない秋沙。
    • 元春の案内で、当麻とステイルが走る。その時、通話が途切れる。オリアナが元春をつぶしに来たらしい。しかし二人は、元春がどこにいるかは知らない。
    • Fallere825(元春)とBasis104(オリアナ)の戦い。元春は劣勢を強いられるが、オリアナの結界を破る。当麻とステイルに知らせるのではない。スタブソードがないと分かった以上、神裂を待機させておく必要はない。
    • オリアナが去った後の元春。神裂が来るというのははったりだった。倒れながらも、ステイルに、オリアナが移動したことを伝える。
    • オリアナは地下鉄から外へ。走る小萌がオリアナにぶつかる→はね返って秋沙にぶつかる→秋沙が濡れ濡れの透け透けになる。小萌は胸の辺りがとがっているらしい。
    • 秋沙の胸元にある「歩く教会」のケルト十字架を目にして、オリアナは秋沙を「必要悪の教会」の魔術師と思い、秋沙を襲撃する。
    • オリアナを追っていた当麻たちは、小萌と秋沙に会う。当麻は秋沙を助けようとするが、秋沙のためにできることは何もない、とステイルに言われる。今自分たちにできるのは、オリアナを追うことだけ。
    • 小萌は、インデックスを助けた時のようにして秋沙を救おうとする。それを見たステイルは、小萌の中にある禁書目録の知識をかりて応急処置をすることにして、当麻にオリアナを追わせる。
  • えむえむっ! : 第11話 「失われたメモリー
    • GTM (Great Teacher Mio)。水色らしい。
    • 黒板消しで転んで頭を打った太郎が記憶喪失になる。
    • 智子と静香は、太郎との間に子供ができたことにしようとする。
    • 太郎と恋人だったと嘘をつく嵐子。
    • 辰吉にも手を出していたことになっている。
    • 美少女に変身したとき(第8話)の写真を見せられて、女装趣味もあったと思い込む。
    • 嵐子は太郎を連れて動物園へ(学校をサボって)。記憶を思い出させようとする。
    • キリンの中にはノアがいた。自分が愛人であることを太郎に植え付けようとする。キリンの動力源は雪之丞。
    • 太郎は第二ボランティア部へ。金属バットを見たり、美緒に責められたりして、ドMの方は思い出しかけてる。
    • 太郎をバットで打とうとする美緒と、太郎を庇う嵐子。太郎のことが好きな二人。
    • 嵐子に殴られて美緒に打たれて、太郎の記憶が戻る。
  • もっとToLOVEる―とらぶる― : もっとトラブル31 「『妹』戦線異常アリ」 / もっとトラブル32 「偽りの恋?」 / もっとトラブル33 「恋愛予報」
    • 『妹』戦線異常アリ
      • モモがリトにべったりで、夜中にリトの部屋に忍び込んでいるので、美柑はリトの隣に寝て、モモが来たら厳重注意しようとする。
      • リトにヒップを触られたりするなど。
      • 自分の部屋に戻ろうとしたけど、雷が怖い。リトが寝ぼけながらも美柑を守ると、美柑は、小さい頃にもそうしてもらったことを思い出す。
      • 翌朝。隣の美柑に気づいたリトと、それをモモに見られた美柑。
    • 偽りの恋?
      • 酔っ払ったセリーヌが街を走り、金色の闇のところへ。花粉を浴びたヤミちゃんは、リトを連れてデートへ。
      • カップルが「あーん」しているのを見て、ヤミちゃんもしてみる。鯛焼きを口に突っ込まれるリト。
      • 道行く人を参考に、トランスで可愛い服に変化したり。見つめられて恥ずかしい。
      • リトが人にぶつかって、ヤミちゃんの胸を触ってしまう。えっちいのは…嫌いなはずなのに、身を委ねてもいいと思っている。
      • キスしようとしたところで、ヤミちゃんはもとに戻る。
      • バカな人は嫌いじゃない。だから殺す時は楽に殺してあげます。
    • 恋愛予報
      • リトに尻尾を掴まれて悶絶するモモを目撃したナナ。
      • マロンが轢かれそうになったところを、ナナが助ける。春菜との散歩中に、蝶に気を取られて逸れたらしい。
      • ナナは、春菜がリトを好きなことを知ってびっくり。
      • ナナの尻尾がひらひらしているので、衝動を抑え切れないマロンが尻尾に飛びつくなど。
      • リトのよさが理解できないナナは、リトが好きかと春菜に訊く。春菜は、一緒にいると暖かい気持ちにさせてくれるところが素敵、と返す。
      • 春菜が自分の気持ちを隠しているのは、大切な友達のララに自分の気持ちが知られたら、今までのままじゃいられなくなるかもしれないから。
      • ナナが春菜の家を出ると、雨が降ってくる。そこにリトが迎えに来た。
      • 気持ちを隠したままではいられないと考えた春菜は、自分もリトが好きなことを、ララに打ち明ける。
  • そらのおとしものf : 第11話 「幻想哀歌(ムサベツ)の果て」
    • 智樹は夢の中でダイダロスに起こされ、続いてカオスを見る。外は雨。
    • イカロスが動力炉の不調で、ニンフも看病で学校を休む。イカロスは智樹のことを憶えていない。
    • 智樹に見えた→雨で制服が濡れ濡れの透け透け。そはらにチョップされる。
    • イカロスの自動修復プログラムが作動して、智樹に関する記憶が消去されていることにニンフが気づく。完全には消えていないが、プログラムを止める手段がない。
    • 英四郎とアストレア(と美香子)が台風を調べていると、中心からカオスが姿を現す。
    • アルバムを見たイカロスは、智樹のことを忘れたくないと、涙を流す。
    • 成長したカオスとアストレアの対峙。英四郎は智樹に、夢にダイブしてダイダロスと会うように言う。
    • アストレアがカオスに捕らわれたところにニンフが駆けつけ、続いてイカロスもやってくる。
    • 智樹はダイダロスと会い、カオスを止めるよう頼まれる。
    • ニンフがカオスの攻撃パターンを分析して、イカロスがカオスの触手を撃ち落とし、そしてアストレアがとどめを刺すという作戦で戦いに臨む。
    • 首尾よく仕留めたと思ったものの、ニンフとアストレアが捕らわれてしまう。二人を助けようとしたイカロスも、カオスに追い詰められる。
    • そこに智樹が現れ、死ぬなとイカロスに命令する。ニンフとアストレアにも、自分がマスターになってやると言う。智樹は、三人と一緒にいたい。みんなでいると、毎日楽しいから。
    • 新しい羽根を得たニンフがカオスをハッキングして、三人への拘束が解ける。
    • 愛を知ったから弱くなったのではない、マスターと知り合ったからもっと強くなれる。三人は、その力をカオスに見せようと立ち向かう。
    • 英四郎はニンフに、三人で連携するように伝える。ニンフがハッキングフィールドを展開してアストレアの剣と盾を強化し、イカロスのアルテミスの弾道をカオスに向ける。アストレアが直接攻撃でカオスの動きを止め、イカロスがそこに矢を放つ。
    • アストレアとカオスが向かい合う。アストレアはカオスの拳を盾ではねつけ、そのまま地面に叩きつける。
    • もっと愛して殺してもらいたいカオスに、智樹は、ちゃんと遊んでやればよかったと謝る。カオスはそこで、胸の痛さと暖かさを感じて倒れる。
    • 智樹がイカロスに歩み寄ったところで、イカロスがよろめく。
    • エンディングは、決戦の後のラムネ。
  • 荒川アンダーザブリッジ×ブリッジ : 11 BRIDGE*2
    • 第178話 「夏の夜の奇跡」 : 荒川河川敷盆踊り大会。浴衣姿の女性陣。ニノを見て、「日本の夏最高」な星とリク。そしてアマゾネス来た。でもリクはニノに引かれて行く。星はリクの、アマゾネスはリクの気を引こうとするが。リクのことで一生懸命なアマゾネスをかわいいと思った星。ガリガリ様のあたりをひいた星に気持ちが傾くアマゾネス。
    • 第179話 「恋の引力」 : 星のキャラ弁当作ってきたり、鎖帷子に星の刺繍してたり。星のことが好きなのにリクを好きなふりをしていることを、ニノに見抜かれる。涙を洗い流そうと、ニノはアマゾネスの顔を川に突っ込む。アマゾネスのすっぴんを見るリク。
    • 第180話 「海の家」 : ニノがスクール水着じゃない。男にとって海とは、水着の女の子のいるところ。男たちが上流に向かうと、海はあった。星とリクとラストサムライは、女の子の行動パターンのシミュレーションをする。シスターもそういうことをやってくれるんだ。
    • 第181話 「別れの言葉」 : 女の子の声が。たどり着いた星が助けたのは、アマゾネスだった。本当は星だけ呼ぶつもりだったこと、ニノにも協力してもらったことを、リクは天狗から知らされる。アマゾネスは星に、ガリガリ様のあたり棒で作った鎖帷子を渡す。
    • 第182話 「荒川青空教室三限目」 : ニノの引力メイクレッスン。

休日の視了 2日目 午後の部

  • 俺の妹がこんなに可愛いわけがない : 第11話 「俺の妹がこんなにメイドなわけがない」
    • ゲームプレイ中の京介。母の佳乃が来たので、緊急回避。
    • 買い物を頼まれた京介は、スーパーで麻奈実と会う。親がいないのでご飯を作ってもらおうと、二人は高坂家へ。麻奈実が来たのを見て、桐乃は機嫌が悪い。
    • ご飯の前に掃除と言われて、麻奈実は本当に掃除する。小姑のような桐乃。そしてご飯の時間。桐乃の機嫌がちょっとは治ったらしい。
    • 京介の部屋に行くと、桐乃のノートパソコンが机に置かれて、ゲームが立ち上がっている。桐乃の罠か。緊急回避したら、片付けたはずのエッチな本(眼鏡の子ばっかり)を麻奈実に見られる。これも桐乃の罠か。
    • しかし結局、スクリーンセーバーらしきものを見られてしまう。麻奈実「これからは、『お兄ちゃん』て呼んだほうがいい?」
    • きりりん氏著作アニメ化記念パーティーに呼ばれて、京介はレンタルルームの一室へ。「高坂京介専属ハーレムご一行様パーティー会場」なる横断幕。
    • 中へ入ると、沙織と桐乃がメイド姿でお出迎え。黒猫はカーテンに隠れていた。自前のネコミミと尻尾つき。
    • 黒猫の余興は、桐乃と京介をモデルに描いた漫画。次はメインの桐乃のターン。桐乃はパス。心の準備があるようなので、しばしご歓談を。
    • 黒猫に「兄さん」と呼ばれる京介。桐乃に茶化されたところで京介は、桐乃が原因でこの間からずっと落ち込んでいたことを打ち明ける。
    • 桐乃は京介にプレゼントを渡す。このパーティーは、京介を元気付けるためと、桐乃が京介にお詫びするきっかけの場であった。桐乃にお礼を言われて、京介泣く。
    • 包みを開けると、中はやっぱり妹ゲームだった。京介笑う。
  • 神のみぞ知るセカイ : FLAG 11.0 「おしまいの日」
    • 視聴覚ブース導入に反対する栞は、必勝ダルマに招き猫、笹と短冊などを買い、本でアジトを築いて図書館に立てこもる。
    • 眠くなったところで、小さかったときのことを夢に見る。花瓶を割ったこと、遅刻して教室に入れなかったこと、そして図書室にたどり着いたこと。
    • 目覚めた栞が物音に気づくと、桂馬が彼女の前に現れる。応援しに来たというが、アジトに入るなりゲームを始める。
    • 栞が桂馬に話しかけたとき、図書館の電気が消える。図書委員長が電源を断ち、パスワードの初期化を図っていた。
    • 外は怖い、人は怖い。それでも勇気があればと思うが、どうせ声は届かないと諦めかける。その時、桂馬は栞を本から引き上げ、勇気をあげるキスをする。駆け魂出てきた。
    • 図書委員長たちが図書館の中に入り、栞は委員長に、処分する本についてもう少し話し合うよう依頼する。視聴覚ブースは決定だけど。
    • 後日。必勝ダルマと招き猫はまだあるのか。栞は、桂馬と会った時の、自分が主人公の物語を書いている。
  • 侵略!イカ娘 : 第11話 「人形じゃなイカ? / 疑惑じゃなイカ? / 登山しなイカ?」
    • 人形じゃなイカ
      • 栄子は押し入れで、子供の頃に買ってもらった人形を探している。プレミアがついているらしい。イカ娘には気持ち悪く見える。「ジョニー・アンド・デップ」のデップ。
      • 夜。デップの視線を感じるイカ娘。デップを窓の方に向ける。
      • 翌朝、デップは前向きに戻っている。イカ娘はデップを再び後ろ向きにする。ゲームをしている時も、お菓子食べながら本読んでいるときも、寝るときも、デップは後ろ向きのまま。
      • 未明の頃、イカ娘はデップがこちらを向いていることに気づく。そしてデップは「おはよう」と言い、イカ娘は絶叫する。
      • デップは時計が内蔵されていて、朝になるとあいさつするようになっている。
      • 早苗もデップを見る。おやすみを言うのはジョニーと早苗が言うので、栄子がジョニーの方も持っていたのではないかと。
      • ジョニー・アンド・デップには回転する台座がついている。ジョニー・アンド・デップは恋人同士で、毎日決まった時間になると、センサーが反応して向き合う。デップが向いた先にジョニーがいる可能性がある。
      • 栄子は倉庫を探す。子供の頃、ジョニーとデップが向き合うので、ジョニーを分かりにくい場所に隠したことを思い出す。
      • ダンボールの中から手が。引き上げると、ジョニーは壊れかけていた。
      • ジョニーとデップは10年ぶりに再開を果たし、とある神社で供養されている。
    • 疑惑じゃなイカ
      • 海の家れもんにて。宇宙人の観察をするシンディ。ターゲットはイカ娘ではなくて、千鶴。人間とは思えない身体能力を見て(第9話にて)、千鶴をリサーチすることにした。
      • シンディは、海の家れもんの裏で待機するハリスと通信。ハリスは透明化スーツを起動して、千鶴の毛髪採取を試みる。
      • イカ娘とハリスがぶつかり、イカ娘はグラスを落とす。栄子が破片を拾っていると、ハリスがぶつかってグラスを手に取る。グラスが浮かんでいるように見えたイカ娘と栄子は、シンディのもとへ走る。
      • ハリスは次に、ターゲットの千鶴へ近づく。髪を抜こうと手を伸ばしたら千鶴が消え、ハリスの背後へ。一応気づかれてはいないようだけれど。
      • ハリスが負けて戻ってきたところで、次はクラークが血液採取に出る。透明化スーツを応用した、吸血型人工蝿。消音機能付き。
      • イカ娘と栄子が詰め寄るので、クラークの声が聞こえなくてイラッとするシンディ。
      • 人工蝿は千鶴を見つける。透明化して千鶴に接近。しかし千鶴に打たれてしまう。
      • マーティンは直接千鶴に出向き、ファンとして、髪の毛か血液の申し出をする。あっさり承諾してもらい、髪の毛を入手する。
      • シンディたちが引き揚げようとすると、栄子とイカ娘が出てきて、なぜ千鶴を調べようとしているのかと問う。
      • イカ娘の触手にくすぐられて、シンディが白状する。千鶴が宇宙人であるという可能性が無視できなくて、調べてみようって。同じことを思っていた人たちを見つけた渚。
      • 別に宇宙人でもいいと千鶴は言う。ただし、宇宙人は宇宙人らしく侵略行為に及ぶべき。まずは、脅威を排除しないと。シンディたちは土下座して謝る。イカ娘「やっぱり千鶴は最強でゲソー!」
    • 登山しなイカ
      • イカ娘と相沢家は、海から見えていた山へ。イカ娘にとって初めての登山。イカ娘は帰ろうとするが、千鶴と栄子に引き止められる。
      • へとへとのイカ娘は本気を出して走り、疲れて座り込む。栄子に起こしてもらい、また歩き始める。
      • 歩くの疲れたイカ娘は、木に触手を巻き付けて飛んでいくというアイデアを得るが、ズルはしちゃだめと千鶴に言われる。
      • リスに触手をかじられたり、サルに飛びつかれたり、クマじゃなくてヒグマが出たり。やっぱり触手をかじられたり。次はキングコブラが出てきて、イカ娘は対峙して、負ける。
      • 頂上に着き、イカ娘は海を上から見て、海が広かったことを改めて知る。何もかもが小さくて、全部踏み潰したくなる。
      • イカ娘も山彦を体験してみようとするが、ヤッホーは三バカを思い出すので御免。で、「私はイカ娘でゲソー!」そして山彦とケンカする始末。
      • 山頂で昼食にしていると、早苗が来る。イカ娘が山に行ったと聞いて、追いかけてきたらしい。
      • 早苗に疲れている様子がないのは、ケーブルカーを使ったから。イカ娘はケーブルカーで登ってきた人たちに対して、「景色を見たかったら歩いて登ってくるでゲソ!」