オンライン依存性症候群

洋楽(以前は全般、次いでSmooth Jazz、最近はCafé Del Mar)とアニメが好きな人が、ネットレーベルの運営と音楽活動をしながらネットレーベルを旅していました。今はネットレーベルの運営を継続しつつアニメを観て、ここにその記録を書き記しています。

休日の視了 午後の部

  • 呪術廻戦 : 第19話 「黒閃」
    • 伏黒たちは狗巻の呪言で花御を止め、伏黒と加茂で攻撃し距離を取る。この繰り返しで帳の外を目指すが、先に狗巻の限界が来た。真希が特級呪具持って参戦する。しかし伏黒はしくって花御の芽を打ち込まれる。
    • 東堂・虎杖ブラザーズと選手交代。東堂は羽化を始めた状態の虎杖が「黒閃」を決めるまで、手出しはしない。黒閃を決められず、虎杖がどんな目に遭おうと見殺しにする。
    • 怒りは術師にとって重要な起爆剤。相手を怒らせてしまったばかりに、格下に後れを取ることもある。逆もまた然り。怒りで呪力を乱し、実力を発揮できず負けることも。東堂は伏黒を傷つけられ親友との蜜月に水を差されたマイフレンドの雑念を消してやる。
    • 打撃との誤差0.000001秒以内に呪力が衝突した瞬間、空間は歪み、呪力は黒く光る。威力は平均で通常の2.5乗。虎杖の黒閃は成った。
    • 今まで口に入れたことのない食材をなんとなく鍋に入れて煮込んでいるような状態だった虎杖は黒閃を経て呪力という食材の味を理解した。シェフとして3秒前の自分とは別次元に立っている。
    • 花御が多少本気を出してくる。ブラザーズとの戦いを楽しんでいる。
  • 怪病医ラムネ : 第7話 「頭からポップコーン・前編」
    • 青菜春はクロのクラスメイト。頭からポップコーンが出るようになった。出たら消えちゃうから悲しい。
    • 春は芸術家肌。参加したアート系コンクールは全て優勝し、学祭で個展を開いたら予想以上の集客だったが、いろいろなものを作るから母が悲しくなって入院したと父から聞いていた。
    • ラムネは怪具「怪守巾着」を春に貸し出す。なぜポップコーンが出てきたのか、なぜ消えたら悲しいのか、自分の心に聞いて答えを出せば治す方法が見えてくると告げる。
    • クラスメイトに無愛想なクロに、ラムネは十八番の芸を伝授してやろうとする。へそ君。
    • 家出した春は河原に家を造ろうとしていた。クロも手伝っていたら、ラムネ来た。夜遊びなんて見過ごせない。未成年を匿って誘拐容疑なんてもうこりごりだから、二人の家に連絡してクロと春を預かる。
  • 怪物事変 : 第六話 「覚醒」
    • バグバイト電子は蚊婆の蚊賀三姉妹に牛耳られていた。
    • 夏羽は一人倒して織のもとに向かう。ミハイに煽られた織もやればできる子。
    • 蚊婆の姉はしくじった妹達を食らい、夏羽たちに迫る。
    • 三人がこのまま全滅してしまっては隠神に怒られるので、ミハイは大サービスで夏羽に教える。夏羽が怪物に力で勝てないのは人間の力しか使っていないから。今一番叶えたいことを考え、本能に従う。それが心。
    • 飯生の新しい部下、野火丸が蚊婆の三姉妹を消していく。飯生が命結石を諦めていないことを夏羽に伝える。飯生のこと嫌いなのは絶対内緒で。
    • 紺は夏羽を待っていた。夏羽と食べようと思って鯉をとってきたが腐ってしまった。
  • バック・アロウ : BACK 07 「壁はそんなに堅いのか」
    • 中立地帯に面する世界壁に近づくグランエッジャでは、村人たちの半数近くが城艦を降りたくなる。壁を壊したらきっと祟りがある。
    • アロウたちは壁を壊そうとするが、ブライハイトの攻撃は無力化されてしまう。グランエッジャの主砲でもダメだった。
    • 壁からの風に押されたグランエッジャはレッカ凱帝国の国境を越える。レッカのバイ・トウアツ北方将軍が襲いかかる。
    • 一体の飛行型ブライハイトが現れる。リュート卿和国のプラーク・コンラート機甲卿は大使としてやって来た。アロウやグランエッジャの人々を国賓として迎えると伝える。
    • アロウは壁を壊すことに拘り、リュートに行く気はない。
  • たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 : 第8話 「たとえば演技でも恋人のふりをしていたら気になっちゃうこともありますわよねっ!な状況」
    • セレンがアランの息の根を止めるために大量発注した火炎瓶が届いた。ショウマはロイドのお兄ちゃんみたいな人。セレンはリホに火炎瓶を任せて、捜査というよりはデートの続きへ。
    • ロイドの先輩従業員のキキョウはロイドがトレントに寄生されたと考え、マッサージしながら探ろうとする。セレンは観光地に湧いた悪い虫を殺そうとする。
    • セレンはロイドとの混浴に漕ぎつける→セレンの暴走を止めようとするリホもいる→マリーとアルカも来た→アザミ王国に雇われて昏睡事件およびトレントの違法栽培を調べるキノン姉妹も来た。
    • ロイドのロイドを見た女性陣。フィロがアルカを投げたのは覗かれていたから。
    • キキョウはコバがトレントの違法栽培をしていると思っていたが、トレントに寄生されていたのはスレニオンの旦那の秘書だった。旦那の地位も名誉もすべて失墜させてやろうと、ミノキは魔王の苗を寄生させ、トレントの違法栽培を行っていた。ロイドはコスプレと思い込んでる。
    • ロイドは樹木の魔王アールキングのコアを破壊する。モンスターを倒したのはこれが初めてじゃないんだけど。
    • 関係者以外の記憶を忘れさせ、怪我人を治し、建物を修復して頑張った村長はロイドにマッサージしてもらう→スープレックスを食らう。
  • 無職転生 異世界行ったら本気だす : 第七話 「努力の先にあるもの」
    • エリスは半年後に10歳の誕生日を迎える。その日には大々的にパーティーを催す。メインイベントはエリスのダンス披露だが、今のままではダンスどころか礼儀作法もままならない。ルーデウスは礼儀作法のエドナ・レイルーン先生から、授業時間を分けてほしいと相談される。思いがけず時間ができて、他の大陸の言語を学ぶことにする。
    • 上手くできないことほど一生懸命頑張って、できるようになった時の達成感はすごい。ルーデウスはエリスを説得し、練習に付き合う。
    • ルーデウスロキシーに近況報告。しばらくして返事が帰って来た。ロキシー直筆の魔神語の教科書のようなものも一緒に。ルーデウスの作ったロキシー像はシーローン王国のパックス・シーローン王子に届いていた。
    • 誕生日の当日、エリスは緊張していた。失敗してしまったところで、ルーデウスがエリスの手を取る。ルーデウスはエリスの鋭すぎるステップを、剣術のフェイント対策を応用してタイミングを合わせた。
    • ルーデウスは二人の弟子に杖を贈る。
    • 朝からお盛んなのはご当主だった。
  • 蜘蛛ですが、なにか? : thread 7 「王子たち、青春する?」
    • 〈忍耐の支配者〉の称号を手に入れた「私」は邪眼系スキル解禁が気になる。厨二心をくすぐる邪なる眼たちの中から一つ選ぶのは悩む→目が八個あるから最大八個同時に邪眼発動できるかも。
    • 「私」の愚痴に合わせたかのようにスキルが構築される。
    • 状況に流されるままにゲームみたいに生きてきたけど、スキルとかステータスだとか、現実にある方がおかしい。この世界はゲームみたいなんじゃなくて本当に管理者のいるゲームだとしたら、「私」はその登場人物の一人。
  • 回復術士のやり直し : 第六話 「回復術士は、血と涙を流す!」
    • ラナリッタにジオラル王国軍がやってくる。ケヤルガの故郷の村人たちを人質にとり、ケヤルを誘き出そうとしていた。
    • ケヤルガは兵士に扮装し、ケヤルへの復讐に燃えるレナード近衛騎士隊長に近づく。そこでケヤルの育ての親のアンナがレナードに襲われたと知り、アンナと同じように恐怖と絶望と苦痛を味わわせて復讐する。
    • 血も涙も流しきったつもりだったケヤルガだが、まだ涙が残っていた。
    • 村人たちの処刑が行われるコロシアムに、【癒】の勇者が姿を現す。